更新
9月21日 SBA完全版の実況中継更新
9月14日 SBA完全版の実況中継更新
9月7日 SBA完全版の実況中継更新
8月31日 SBA完全版の実況中継更新
8月31日 SBA完全版の実況中継更新
8月30日 お客様の声を更新
8月24日 SBA完全版の実況中継更新
8月10日 SBA完全版の実況中継更新
8月7日  お客様の声を更新
8月3日  実況中継動画配信スタイル変更
7月27日 SBA完全版の実況中継更新
7月19日 SBA完全版の実況中継更新
7月12日 SBA完全版の実況中継更新
7月6日 強化パックの実況中継更新

実践活用術 2話

皆様、本ブログをご覧頂き有難うございますm(__)m

今回、いつも逆張り予想にて取引を行っておりますが「順張りなら勝てるか?」をテーマに解説していきたいと思います。

まず「順張り」とは簡単に言うと強いトレンドに従って同方向にエントリーすることを指します。

次の画像をご覧下さい。5分足チャートです↓
413
上記では赤玉の表示が横並びに続き、ときおり転換しそうですが反発で終わっており下降トレンドが強く続いております。

続いて同時刻の15分足チャートを見てみましょう↓
411

最後に1分足チャートです↓
412

これらチャートを見てどのように感じられたでしょうか?

面白いことに5分、15分チャートでは「下降トレンドの順張り狙い」になると思いますが「1分足チャートのみ」だけなら見方が違ってきたりします。

ここで逆張り狙いの際、よくあるのが「一時的な反発を転換点だと間違えてエントリーし結果負ける」になってしまうこと。

5分足チャートの小さな反発を見て分かる通り15分足チャートの実体の勢いが強いと、5分足チャートの転換点が潰され、ただの反発で終わってしまいやすいので注意が必要なんですね(^▽^)/

ここが私が頻繁に注意を促す「引っかけ問題」であり逆張りで負ける原因になるのです。

話を戻しますが一分足チャートだけの判断なら、もしかしたらハイエントリーに賭けたかもしれませんが三つの時間足を交互に見たあとでは「流れ的にはローエントリーの順張りの方が有利という判断」になりますよね、

つまり、このケースでの「順張り最適エントリーポイント」として一分足チャートで狙い撃つタイミングを合わせたのちローエントリーで勝負、というのがベストと言えるのではないでしょうか・・・

続けて言うとバイナリーではこのような総合的に判断していく思考になるのが重要です。

私がよく言う「慣れ」とは「臨機応変に各時間足チャートを見ていくと5分足では、このタイミング・このポイントで同方向に賭けると十中八九間違いなく勝てる・・・」というように頭が勝手に判断していくことを指します。

例えばスマホゲームで深く考えながらゲームをする人はあまりいませんよね?考えなくても高得点が「慣れ」たら出せるようになっていきます。

本サインツールも二択のシューティングゲームと考えてもらうと「頭が勝手に勝てるような分析・判断していくようになる」はずです。現に私がそうでしたから・・・

以上ですが、逆張りも順張りも先述したように時間足によっては見方が変わったりします。また逆張りばかり意識してしまうと勝率が上がりません。

各時間足チャートをよく観察したときに「これは同方向の流れに合わせた方が勝てる」というケースが必ずありますからケースバイケースでエントリーポイントや取引手法を決めて下さい。

以上になりますが参考にして頂ければ幸いですm(__)m

皆様からの「生の質問」と「生の回答」第4話

6月10日付け
お客様からの生の質問

勝てたとしてもそれが本当に僕の判断がよかったのか、
たまたまなのかわからなくなってしまいます。
やはり裁量が足りなくてもっとバイナリーの知識が必要でしょうか

私の生の回答
ご質問の件ですが、バイナリーのテクニカル分析を行う上で知識は「ある程度」は必要です。

といっても私でも詳しいわけではありません。

為替は基本個人投資家の思惑で動いており、しかも全世界の投資家は似たようなツールを活用し取引を行っております。

ですから、私はその動きに合わせているイメージです。

また1分は5分足に影響され5分足は15分足に影響される図式ですから、私はそれらの関係性を頭に入れタイミングを計っているだけです。

仮に参考になるものとしましたらmt4に初めからついている一目均衡表のインジケーターは役立ちますよ

私も当初慣れるまでは使ったりしてましたから・・・
要するに雲の動きなわけですが「雲が下にあるから転換するだろう」「先々は上昇するだろう」なんていう予測がある程度立てられます。

まず綺麗な同方向に動いている通貨ペアを探してください。
綺麗に動いていれば、転換しても綺麗に動く可能性が高いので、そこを狙い撃ちするとかです。

そういう場合は、たいがいストキャス横這いが続いているので時間の問題で転換、そのときに実体の勢いがついてきたときにエントリーを仕掛ければだいだい勝てます。その場合、タイムラグを作って慌てず合わせる感じでエントリーするのが良いです。

あと経済指標の際のトレンドが強くででいる場合も順張りで30~60秒でも勝ちを拾っていけます。
そういうときを狙う場合、指標発表直後は回避して下さい
乱高下では勝てませんから・・・

落ち着いた状態で波紋のように広がっているような傾きを同方向に順張りエントリーすると高確率で勝てます。

★それと資金の配分ですが・・・
提案として、実弾投入の場合、このような賭け方はどうでしょうか?※ペイアウト率80%計算
・一日目標3勝
・3連敗をしたら、その日は止める
・1回目掛け金3千円→負けたら7千円→負けたら1万6千円

上記の条件を達成で来たら22日稼働で一カ月15万円程度の儲けになるはずです
要するに2連敗まではokで3連敗しないよう心掛け一日3勝することを目指します

結局勝ったり負けたりでは利益が残りませんからモチべーションがなくなっていきます
目標は「負けても2連敗までのスキルを練習で身に付ける」です。

それが実現出来ると毎日利益が残っていきます。
リスクは一日最大、三連敗時の26000円のみです。

ちょっとマーチンっぽくなりますので本来お勧めしてませんがバイナリーから撤退するよりは良いと思います。

いろいろご提案出来ますが、まずは焦らず各時間足の関係性がどう動いているか注目して下さい
思惑通りに転換しないチャートには、そのように至った原因があるので、そのパターンを覚えていれば失敗する可能性が少なくなっていきます。

結局、焦っていれば負けの中から「学び」を意識しないような思考になっているので、まずいのです。

お客様の声を実際頂戴しました vol 2

お客様の声 実際頂戴しました(^▽^)/
お世話になっております。

ご丁寧なご返信ありがとうございました。

お聞きしました過去の反発ポイントは時間経過した後のものだったのですね。
変な質問をして申し訳ございませんでした。

エントリーは好材料がどれだけ揃っているか、ということが大事ということですね。

今日はデモですが、9回中9勝の全勝という結果が出せました!
こんなことは初めてで、すごく嬉しいです。

ツールに慣れてきて、勝ちやすいチャートがわかってきました。

最初のころに比べると、チャートを絞っているためエントリー回数は大幅に減りましたが、その分、勝率は上がっているので結果として利益は上がっています。

デモなのが残念です(苦笑)

来月からリアル口座でエントリーしようと思っているので、固くならず、デモと同じようにリラックスしてエントリーしていきたいと思います。

いつも通りの鉄板チャートを見つけられれば連敗はあまりしないと思うので……。

こんな素晴らしいツールを教えていただき、本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。

FXDDデモ口座の作り方

mt4のFXDDデモ口座の作り方(ダウンロード方法等)を解説している動画です。初心者の方はお役立て下さい。但し、デモの場合は三カ月で有効期限は切れるので都度、申請する必要がございます。

また無期限版は資金を入れる必要は無いのですがFXDDにてリアル口座開設が必要です。
詳しくはFXDD本社に連絡して頂ければ日本人スタッフより教えて頂けます。

※リアルを持つとデモで利用中のmt4を無期限版に変更可能なはずなので詳しくはFXDDまでお問合せ下さい。 

http://www.fxdd.com/bm/jp/accounts/open-a-demo-account/ →フリーダイヤルで電話出来ます。
 

皆様からの「生の質問」と「生の回答」第3話

次で紹介するのは私宛てに届いた質問メールになります。そして私が回答した内容です。参考になれば幸いです(^▽^)/


2017/5/29付け
お客様からの生の質問

1 エントリーする際、玉の色は考慮しなくても
良いのですか?

2 同じくエントリーする際、平均足転換後、
次の足の始値でエントリーでよろしいのでしょうか?
サリさんはハイローのせいか始値とか考慮してないように見えるため)


私からの生の回答
エントリー時の玉の色は「売られ過ぎ買われ過ぎ」の限界点あたりで出現する表示になります。
この限界点がくると往々にしてトレンド転換の可能性が高まるため当手法のロジックとして使用されています

よって本手法の逆張りの基本として「玉表示後→ストキャスラインのクロス→平均足転換でエントリー」が基本的なパターンで推奨されているわけです。

ですが当然、玉の色が表示されていなくてもエントリーチャンスは多くきますが精度が低いですね、
要するに思惑通り転換してくれずケースバイケースで反転も多いかと思います。

またサリさんは順張りでも取引してます、
本解説書でも順張りはトレンドの勢いが強い時は順張りも推奨される・・・と解説しておりますが、その場合は玉の出現は関係ございません。勢いが強い綺麗なトレンドが出現した場合、無理せず順張りも臨機応変で勝負して下さいる

そのため経済指標が表示されるロジックが搭載されているのです。
BIGNEWSのタイミングでは強いトレンドが発生、順張りも勝率可能性が高いわけですから・・・

尚、サリさんは基本、目測で勝負していますので当手法のような機械的ロジックとは異なる箇所の取引もあると思います。

ご質問の「平均足転換後、次の足の始値でエントリーでよろしいのでしょうか?」

は基本間違ってませんが、但しそこに至るまで1分5分15分チャートの最終確認を行い「そのエントリーが単なる反発でないか」のチェックが必要です。

例えば5分足チャートで凹に転換しそうな気配があっても、15分足の勢いが凸にグングン勢いが強ければ5分足チャートの凹は一時的な短い反発で終わる可能性が高いです。

その場合30秒判定なら勝てるかもしれませんが3~5分判定なら負ける確率が高いと思います。

ようするに各時間足を見て、例えば5分転換点狙いなら、15分トレンドの勢いが強いか、弱くなっているか思惑通りの方向に向きつつあるか・・・を確認、一分足チャートでは最適地点を見つけ、その時間帯の最高タイミングエントリーというのがイメージになります。当然、次の足の始値は良いのですが、勢いがついているのを確認してからエントリーでも良いと思います。

最低でも3~5分判定の間は思惑方向に動いてもらわないとダメなので勢いの確認も気にして下さい※ケースによりボラが少ないときはエントリー直後でも動き自体が「のろくになってしまう」可能性もございますから・・・

相場は御存知の通り、投資家の注文通りにはいかず想定外も多々おきますので「想定外を想定内」にして網を張るわけです。

以上ですが参考にして頂ければ幸いですm(__)m

皆様からの「生の質問」と「生の回答」第2話

次で紹介するのは私宛てに届いた質問メールになります。そして私が回答した内容です。参考になれば幸いです(^▽^)/

2017/5/26付け
お客様からの生の質問
「基本的には5分足をメインに見て、チャンスが来たら1分や15分の確認みたいな感じがベストですか?」
 
私からの生の回答
間違っていませんが、ただし具体的な流れが理解できているかが大事です。
私は綺麗な時間足チャートに合わせます。5分に合わせるのは判定時間が3~5分をよく使っているためです。

ですが15分が綺麗な曲線なら15分に合わせ1分5分でエントリータイミングを計ります。

チャートをパラパラめくると「これだ!」っていうのが見つかりますので、それを見つけられなければ、しばらく時間を空けます。

捕捉しますが・・・

為替初心者の方は意識されていない方が多いと思うのですが、1分5分15分は、それぞれトレンドが凸凹しており、5分で凹でいきそうでも15分は凸の勢いがある真っ最中だった・・・ということもよくあることで、その後の5分の凹は「ちょっとした反発だった」ということで負けます。

これは1分5分の関係性も同じです。これを意識しないと勝率は上がりません・・・

一番考えて頂くのはチャートの状態です。1分5分15分のいずれかが綺麗に曲線を描いているか・・・交互に多くの通貨を閲覧し確認して下さい。私がよくやります。

これ怠ると勝率が下がりますので、その時点で一番勝ちそうなチャートを選ぶようにして下さい。何枚もめくっているうちに眼力が養われ感覚的にわかるようになってきます。

またエントリーするとき「単なる反発でないのか・・・」ってことを考えるように癖をつけて下さい。
反発は30秒足ならともかく3~5分では負けます。

やっていくとわかりますがストキャスラインの二本が「横這いのまま」ってよくありますが、これは一段階上の時間足の勢いが終息していないから横這いが続くのです。

仮に5分足のラインの横這いが長く続いているとなると15分で取引している世界中の投資家は、「まだまだ転換させない」って頑張っているわけです。

ですが時間の問題で横這いは解消されるので、そこでタイムラグを作りカウントダウン気分でエントリーを計るわけです。

ですから綺麗に曲線を描いているチャートを見つけたら転換ポイントを各時間足の、どの時間足をメインに勝負するか決めタイミングを見計らってください。

焦って先走りのエントリーしたら引っ掛けられますから「世界の投資家が動きだした・・・」なんて時は一機に転換が勢いよく始まりますので、そあたりが狙い目です・

また綺麗に上がった曲線は綺麗下がったりしますから、そのようなチャートも良いです。
尚、ゲーム感覚で構いませんから、これが「いけそう」って考えるよう癖をつけて下さい。

だんだん勝っていくと自分なりの鉄板チャートが見えてきます。

私は慣れてしまっているので、何も考えなくても「これはいける」ってわかるようになりました。

ですが私は特別な人間ではありません。はっきり言うとスマホゲームと同じで初めは点数が出なくても毎日やっていたら考えなくても高得点が出るようになりランキングも上がって、ほぼプロ状態になりますよね・・・

バイナリーも二択のゲームと変わりません。ただお金を賭けるので、そこが違うわけです。

またバイナリーには聖杯がありません。
投資家の思惑で生き物のように動いているのでな何が起きるかわかりません。
そのような想定外も想定して逆に罠を作り仕掛けるのです。

実践活用術 第1話

本日は日曜日です。皆様、一週間お疲れ様でした(^▽^)/

さて「お知らせ」にて告知しておりますが本日より不定期ですが実践活用術を始めたいと思います。

この活用術は「こんな時はどう考える?」なんてことがありますが参考チャートを交え解説していく内容になります。

よってバイナリー歴が長いベテランの人からは「それは違うだろ」なんて思われるかもしれませんがご容赦下さいませm(__)m

それでは第一回目の内容は・・・

「1分足と5分足のチャートを比較すると?」になります。

まずは次の二枚の画像をご覧ください。同時刻の1分と5分チャートです。

1分足チャートです↓
3

5分足チャート↓
5分

上記二枚のチャートを見て何かお気づきでしょうか?

ヒントは1分足チャートの転換点狙いなら負けていたかも・・・だけど5分チャートの転換点狙いならスルーしていたかも・・・という感じでご覧ください。

もう一度ご覧ください。
1分足↓
2

5分足↓
1

お気づきになった方も多いと思いますが1分足チヤートのAのチャンスではルール通りに狙い撃ちエントリーを行うと、おそらく3~5分判定の場合は勝てません。

なぜなら赤玉、ラインクロスのエントリー、平均足の色転換によりトレンドも転換するはずなのに一時的な反発で終わってますので・・・つまりルール通りでも勝てないチャートになるわけです。

ここが始めたばかりの方が引っ掛けられ負ける理由の多い箇所です。

ですが5分足チャートを見るとスルー判断になりますから取引自体を行おうとは考えず他のタイミング地点でも勝利して終わってます・・・

これって??
仮に1分足だけではなく5分足も同時に参考にしていた方なら結果が変っていたかもしれませんが1分足だけしか見ずに取引を行っていた方なら完敗です。

もし反発でも30秒や1分判定なら勝てる可能性もケースバイケースであると思いますが結構ギャンブルになってしまいます。

つまり「どのチャート足の転換点に狙いをつけるのか」で勝率が大きく変わるので大事なんです。

バイナリーオプションの初心者は1分チャートばかり見て、例えば「今変わったからエントリー」って感じでやってる方が多いです。これでも、それなりに勝てますから・・・

ですが勝率50%では資金が確実に減っていきます。
そこが壁になり皆さん悩みだすんです。

実は私も通ってきましたので、だからわかるんです(笑)

また「どのチャート足をメインに考え狙い撃ちエントリーするか」は練習を重ねた後に決めた方が良いと思います。例えば「5分より15分チャート狙いの方が勝率が良かった」なんて思う人がいると思いますので・・・。

私は5分足チャートの転換点狙いで勝率が良かったので、そちらがメインにてやってますがチャートによっては15分チャートの転換点も狙います。

ケースバイケースですね

もちろん1分足チャートの転換点狙いでも構いません

例えば今まで1分足チャートで勝率60%以上だった人が、わざわざ慣れない時間足でやるのもどうかと思いますから自分のお好みの時間足でツールを活用されるのも悪くないと思います。

もう一つですが自分ルールを作ると良いと思います。

なぜなら負けた場合、なぜ負けたのかを検証するよう思考していきますので「学び」があり次に繋がり勝率がUPしていくと自信になります。

そうなると上達が早いです

今日はここまでになります。
少しは参考になって頂ければ幸いです!

それでは実践活用術は不定期UPになりますが今後も更新してまいりますので引き続き当ブログをお楽しみくださいませm(__)m

皆様からの「生の質問」と「生の回答」第1話

次で紹介するのは私宛てに届いた質問メールになります。そして私が回答した内容です。参考になれば幸いです(^▽^)/

2017/5/24付け
お客様からの生の質問

エントリーの方法ですが、1分足と5分足で相場を確認後、

1分足で5分エントリーするという解釈でよろしいでしょうか。


私からの生の回答

ご質問の件ですが、基本的に間違ってはございません。


ここで細かなテクニックがございまして、1分5分15分のチャートを交互に確認して実体の勢いを確認しながら狙い撃ちするチャートを探していくわけです。


仮に5分足でルール通りのタイミングで下降エントリーしても15分足では思惑とは逆の上昇実体が、まだ強ければ一時的な下降反発に過ぎなかったということで思惑通りにトレンドが転換してくれません。つまり負けてしまいます。


よって1分5分15分の最終確認が必要なのです。相場は生き物なので定石通りにはいきません。想定外の動きを想定して網をはっていくわけです。※この最終確認の判断に間違うと勝率が格段に落ちます。


私も初めに陥ったのですがストキャスの横這い・・・例えば5分足で転換しそうでもストキャスが横這いしてしまい転換してくれません。


そんなときにルールだからといって、ちょっとした反発で「ここかな」と予想し仕掛けてしまいがちになります。そこが初めに陥る間違いです。注意ください。必ず上手く的中してくれません。


ですが慣れると15分足の確認を行い「待てよ」ってなります。

要するにタイムラグを作り正しい転換ポイントを無意識に探すようになります。


そうすると劇的に勝率が上がっていきます。


負ける一番のケースは早打ちです。トレンドの一時的反発を大きな転換と見誤ること・・・

15分判定なら勝っていた・・・なんて勝負も多かったので・・・たぶんこれ、多いです。


ですが慣れると先述したようにコツが掴めます


初めにマスター頂くのは勝てそうなチャート選びに終始して下さい


リズミカルなチャートを選び、各時間足の動きが出来る限り同方向に向きつつある・・・ことの確認と打つタイミングで「今でしょ」を作っていくわけです。変な動きのチャートは選ばないでください 負けます。


慣れると開始から決済まで10~20分程度で終わります。

あと連敗しないのがバイナリーで利益をとっていくコツです。


尚、計算上、負けない配分率があります。

ただし条件は一回目は負けても次は高確率で勝つこと・・・

これさえクリア出来れば利益は必ず残ります。わたしが最初心掛けてました


ブログでも今後公開していきます

ご期待ください。

情報問屋メルマガ!最新情報配信します!!
*メールアドレス

記事検索
お問合せ

取引手法、サインツールのお問合せ等があれば何なりとご質問下さいませm(__)m

名前
メール
本文
QRコード
QRコード