更新
10月12日 SBA完全版の実況中継更新
10月8日 SBA完全版の実況中継更新
9月21日 SBA完全版の実況中継更新
9月14日 SBA完全版の実況中継更新
9月7日 SBA完全版の実況中継更新

vol8 本日もお客様からのメールを頂戴しました

実際頂戴したメールです
ツール購入させていただきました※田と申します。
このたびはすばらしいロジック有難うございます。

設定を終えやってみたのですが昨日は感覚がつかめずだめでしたが
もう一度高橋様のブログを読み返し、最新のブログを確認し改めて
挑戦しました。

ニュージ円、5分が白玉出現ストキャス80越え
そろそろ転換かなと思い15分確認、ストキャスはまだ上向きでしたが
白玉出現

1分を見ると白玉、ストキャスクロス、平均足の色が変わり
実体も大きかったのでエントリーしました。

上昇中の逆張りなので 、5分では少し心配で下がしっかり下がってくれました。

このエントリーは、ブログを確認後m4を見て数分でエントリー決済でした(笑)

この調子で一歩ずつ高橋様に近づきたいと会い思います。

今後もサポートよろしくお願いします。

エントリーと結果のスクショを添付させていただきます。
お客様3

お客様1

お客様2

私からのご返事
お世話になります

わざわざ画像の添付有難うございますm(__)m
また画像拝見させて頂きました

まずは順調な成果、私も嬉しく思います

本ツールに関しましてコツを掴んでいくと習慣のような感覚で取れそうなチャートやエントリータイミングの予測がチャートを見ただけで感覚が掴めてきます。

そもそも二択のシューティングゲームだと思えば気も楽になり練習を重ねれば必然的に勝率が上がるのが魅力です

また負けた時に、なぜ負けたか・・・の理由を考え、また積み重ねることで
一カ月後には累積された知識で、精度が上がった取引が行えるよう上達します

引き続きサポートをしてまいりますので宜しくお願いしますm(__)m

vol7 本日もお客様からのメールを頂戴しました

いつも早々なご返信有難うございますm(__)m
こちらは実践してからの返信になってしまい、お手数をおかけします。

やはり、トレンド方向は大事ですよね。
かなりの下落、上昇が続いてる場合を除いては、
上位足や移動平均線の動いているトレンド方向へのエントリーを心掛けています。

何度も言いますが、今までかなりの手法を教えてもらってきましたが、タカさんの様に毎回、丁寧にご返信いただける方はいませんでした^_^;
そこで挫折し、次々迷う感じでした。

タカさんの様なご丁寧な対応とリアルタイムなブログで本当に有り難く思っております。

本をいくつ読んでも情報が多く、使いこなせず難しく思っていた裁量というのを、理解しつつあることに本当に嬉しいです。^_^

今週はハイローのボーナスを使いぼちぼち本番へいこうかなと思います^_^
千円エントリーで、そのうち1日5千円稼げる様になるといいなと思います☆
元手が増えたら、エントリー回数も減らしてタカさんの様になりたいです(*´∀`*)

いつも本当に有難うございますm(__)m

実践活用術3話

3つのステージって?

☆負け組(勝率40%~50%)

「負け組」とは言葉の通り収益に繋がらないバイナリー取引を行っている状態の方を指します。はっきり言うと勝てない方や初心者の方は「ほぼこの勝率で推移」悩んでいるわけで、最悪はバイナリー投資から撤退を考えざるをえない状態に追い込まれたりします。

☆勝ち組(勝率60%~70%)

「勝ち組」とは収益に繋がる取引は出来ているが、もっと精度を高めたいと思っている状態の方を指します。つまり「まだまだ実力を磨く余地がある」ということです。

☆セミリタイア組(勝率80%~90%)
「セミリタイア組」とは思惑通りのバイナリー収益を維持している状態の方を指します。はっきり言うと「やればやるほど収入に繋がる」ので本業を辞めバイナリー投資1本で生活できるレベルまで到達しております。

◇上記のように3つのクラス分けをした理由
クラス分けの理由として「現在自分はどのクラスにいるのか」を明確にしておかないと目標が定まらないからです。

例えば「負け組」だと思っていたなら最低でも勝ち組になりたいですよね・・・
勝ち組にいたとしても欲が出て「セミリタイアが出来る実力を得たい」と思うはずです。

実は私もバイナリーを始めた当初は「勝ち組になりたい」と漠然と思っておりました。
そのときは「最低でも一カ月15万円程稼げたら・・・」なんで感じですね(笑)

◇本ブログをご覧頂ている方はどうでしょうか?

仮に「一日2~3万円程度稼げたら・・・」なんて方が多いのではないでしょうか?

私は「何を言いたいか」というと漠然でも良いですから自分の実力を知り、明確な目標を持ち続けないと精神が折れてしまうということなんです。

考えて下さい。

仮に3日間、実弾投入、頑張ったとして「結果収支が大きくマイナス」だったら・・・
そのような場合、バイナリーから撤退する人が続出するかもしれませんよね、

そのような残念な状況にならないよう効果的な資金配分手法をお伝え致します。
※但し、推薦は致しません。これってマーチンのような配分方法になりリスクが高まりますから基本負け組から脱却したら辞めたほうが良いと思います。

勝率50%を切ってしまう負け組でも収支がプラスになる資金配分法と取引ルール
次の資金配分法と取引ルールを実現出来れば勝率50%以下でも毎日利益を生み出せることが期待出来ます。※負けが多くてもお金だけは稼げるのでモチべーションが維持できます。勝率が伸びない方、バイナリー撤退を考えてしまっている方は参考にして下さい。

★ペイアウト率80%条件で一カ月15万円を稼ぐ(1日1~2時間拘束)
一日3勝を目標
2連敗までOK。3連敗したら当日は取引停止
賭け金は負ける都度→1回目3千円、2回目7千円、3回目1万6千円
一カ月22日稼働で利益目標は一カ月15万円
一日2万6千円の最大損失(リスク)を許容する

☆上記、条件でシュミレーションします。※1勝に至るまでが1クール。勝利すると次も3千円で賭け、負ければ金額を上げていき、また勝てば3千円に戻す方法(繰り返す)
1回目 3千円投資 負け -3千円 
2回目 7千円投資 負け -7千円 合算収支-1万円
3回目 1万6千円投資 勝ち +1万2800円 合算収支+2800円

上記は仮に2連敗し三回目で勝利した場合の収支ですが、この考え方で一日3勝(3クール)を目指してもらうと「ざぁ~と計算」しても「利益一日7千円以上×1カ月22日稼働計算」月単位で15万円以上稼げる計算です。※実際の勝ち負けのパターンは上記通りではありません。

悪くないと思いませんか(^▽^)

但し、2連敗までが条件になり3連敗したら一日最大2万円6千円失うので、その日は頭を冷やし翌日再スタートの考え方ですね、

言い方を変える「3連敗しない実力さえ身に付ければ儲かる」ということになるのです。

このルールを実行すると「モチべーションを維持できる」「連敗をしないようにきちんと分析作業を行うようになる」「収益目標が決まる」「リスク管理が出来る」というメリットがあります。

以上ですが「あくまで参考」であり実行するかどうかは自己責任の上、お決め下さい。

皆様からの「生の質問」と「生の回答」第8話

実際のお客様とのやりとりです。

質問 高橋様は、3分でエントリーしたり、5分でエントリーしたりしていますが、3分でエントリーするか、5分でエントリーするか、どちらの時間でエントリーするかの判断基準を教えて下さい

回答・・・3分5分の判断基準は転換点の状態で感覚的に行っております
実体の動きが鈍いようならタイムラグ的な時間を考慮し5分判定で行いますし実体の動きが激しいようなら3分で勝負します。但し、これには明確な基準がありません。転換点でウロウロしているような鈍い状態では5分のほうが、より確率がたかいだろう・・という判断です



質問3、5分でエントリーする場合において、1分足と5分足を比較しながらエントリーするとのことですが、1分足と5分足の両方で同じ玉の色が出ている場合のみに、エントリーするということでしょうか?
例えば、5分では赤い玉がでている場合において、1分では白い玉が出ている、若しくは、1分では玉自体が出ていない場合には、エントリーを見送るということでしょうか?
この場合において、15分足も見るということですが、15分足は、どのように利用するのでしょうか?

回答「1分足と5分足の両方で同じ玉の色が出ている場合のみに、エントリー』
上記はケースバイケースですね、玉が出現するというのは売られ過ぎ買われ過ぎの合図です。ですが玉表示していないケースもあります。そこは臨機応変にリズミカル性があれば、それに合わせいてきます。別に見送ったりしません。チャートに好材料が見つかれば、の話ですが・・・ルールはあくまで基本ですが、あきらかに転換しているのにエントリーしない手はないですから・・・

まず15分というのは全体の流れを読めます。

例えば15分が凹に実体が強ければ5分の凸転換点は反発可能性に注意しなくてはなりません
逆に5分の凹転換点は有利になるということになります。

また1分5分15分転換点が同時転換するようなケースもあり、これにはスロットの目押し感覚でタイミングを計りエントリーします

それと前述した15分が凹トレンドだからといって5分の凸転換点が必ずダメかと言ったらそうではなく過去チャートのリズミカル性にて、きちんと凸凹が形成されてあれば問題ありません。

私の場合は5分転換点狙いが多いのですが理由は上位足と下位足の2つを参考に反発のような「ひっかけ問題」に出来る限り回避できる材料を集めているわけです。


質問 高橋様が、3-5分でよくエントリーされ、1分でエントリーされないのは、1分エントリーではノイズが多いので、負けやすいということでしょうか?


回答そもそも5分転換点狙いなので1分判定では短いですね、仮に1分転換点狙いなら1分判定や30秒狙いになります

結局、先述した理由で個人的に5分転換点が精度が高くなっているのて私的な鉄板パターン3分又は5分がちょうど良く感じられるので、その判定時間で行っているわけです



 

質問 高橋様が、取引をしている時間帯を教えて下さい。また、お勧めの取引の時間帯を教えて下さい。また、各通貨ペアにお勧めの取引の時間帯が有れば、教えて下さい
推奨する通貨ペアにAUDUSDが含まれていますが、AUDUSDは、21-24時では、殆ど動かないと思いますが、この時間帯AUDUSDで取引をしても、勝てますでしょうか?


回答 私のお勧めはボラが高い夕方から深夜ですね、私は家庭の事情でお昼から夕方の空いた時間しか出来ません。

本来は夜に取引したいのですが、お客様側が無理して私が行っている時間帯に合わせて行う必要がないで条件が良い時間帯で行って下さい




質問 AUDUSDが含まれていますが、にAUDUSDが含まれていますが、AUDUSDは、21-24時では、殆ど動かないと思いますがは、21-24時では、殆ど動かないと思います。


回答 実は私は通貨ペアはほとんど意識してません。理由はチャートの状態しか見てないからです

AUDUSD以外によいものがあれば積極的に試してください。



 

質問 添付ファイルに示されるMT4の表示画面において、平均足の先に示される黄色い線(黄緑の線の先に有る線)は何でしょうか?


回答 これは未来予測線ですが、ほとんど役に立たなくなったので、削除しました

仮にご希望なら無料で差し上げることもできます



 

質問 5分エントリーする場合に、実際のエントリーのタイミングは、1分の平均足の転換の時点でエントリーするのでしょうか?(勿論、5分のストキャスラインがクロスしそうという前提が有る状況で)


回答 ご指摘の通りです。そもそも5分チャトを拡したものが1分チャトになりますから、それに合わせてエントリーすることが多いです

ですがこれもチャートの状態次第、ケースバイケースになります。



 

質問 5分でエントリーする場合には、5分のストキャスラインのクロス(80%又は20%を越えている場合において)を狙うと思いますが、この場合において、1分のストキャスラインはかなり前にクロスしていると思いますが、5分のストキャスラインがクロスした時点で、1分のストキャスラインは50%付近や50%を越えていても良いのでしょうか?
 また、5分のストキャスラインがクロスする時点で、15分のストキャスラインの何を見れば良いのでしょうか?

回答 これもチャート次第です。私は一分のストキャスも場合により無視して5分の状態のみに合わせたり、また逆もあります。50%のところも臨機黄変に順張りのタイミングに使ったりしてます。
要するに絶対的に数値のみを信用して仕掛けません。

また数値はあまり細かく考えると振り回されますからチャートの状態で視覚的に、あきらかに転換しかかっているならエントリーしても構いません。但し、確信を得た場合に限ります

つまり数値は大事ですが、それは真っさらなような状態のときで相場では多くのパターンがあるので臨機応変に好材料を探し、それに合わせるようにエントリーしております。

15分はトレンドの向きと実体の強さ、ヒゲと転換点の位置を見て下さい。実体が強いと15分転換点の下位足の逆転換点狙いは反発にやられたりしますから・・・またタイミングが5分と合うようなら同時転換点を狙って下さい。精度があがります・・・

初心者の場合は基本を覚えてもらい、コツが掴めたら私のように応用していってください。
皆様もそうされております。

結局ツールの傾向がわかってくると「いまでしょ」というタイミングが意識しなくても見ているだけでわかりますから、そうなるので頑張ってみて下さい。

また一日一つ、何かの「学び」を作ってください

なぜなら「何で負けた」がわからないのが一番ダメだからです
負けた理由を毎日見つけていくと一カ月後には積み重なりにより確実に上達しております。

以上回答になってないかもしれませんがご参考にして下さいm(__)m

近況報告を頂戴しました vol 6

先程お客様より近況報告を頂戴しましたので御紹介致します

ご連絡有難うございます。

上位足の実体が大きい場合は、1分足が転換しても待つ方が良いという事ですね。
1分足で転換しても、上位足の色が変わるまではエントリーしない様にしてみると、
勝ちました。まだ2戦ですが2勝です^^
あと、エントリーはやはり3分に変えてみました。

本日は、1分足・15分足のチャートがキレイだったので観察していると、
15分足の玉が出現、ストキャスが80クロスし、
5分足を見ると、同方向へ矢印点灯、
ハイローで下落始めたところで3分エントリーしました。
1分の転換が始まったので、少しギリギリですが勝ちました!

タカさんも負けの時期があったという事をお聞きすると、少し安心しました^^;
でも、以前に比べると意味なく負ける事が減ってきましたので、
このままタカさんの様に負け知らずへなりたいです^^

いつも有難うございます!


私のご返事
お世話になります

ご指摘の通り下位足は上位足の実体の強さ、トレンド方向に強く影響を受けますから直近斜面等にも注意しながら反発等の引っ掛け問題にやられないよう注意して確信が出来たらエントリーするのがベストです

またこれらのタイミングも練習を積み重ね、失敗したときのパターンを認識していくことで学びになりますので一カ月後には始めたころより格段に眼力、精度が上がりスキルが上がっております

よって今は修行のつもりで半分遊び感覚でツールに慣れコツを掴んでいくことを意識、優先されるのが大事ですね
現状の流れで負けが減っていかれると時間の問題で連戦連勝が期待出来ますので頑張ってみて下さいm(__)m


本内容に添付されていた取引画像
2

3

4

1

お客様の声を実際頂戴しました vol 5

タカさんお早うございます。失礼致します。

タカさんの御説明の意味の言わんとする伝えたい事が
ようやく理解する事が出来そうです。

やっと、裁量で勝ちが多くなって参りました。

つまり、15分は5分に影響する。5分は1分に影響する。

これを基本中の基本を踏まえ5分のトレンドスカルプの玉の発生と共に
ストキャスの動向に1分の動向を同方向に合わせるタイミングさえ
マスターすれば簡単に勝ちが取れるようになりました。

又、タイムラグの取り方も理解して来ました。ストキャスの伸びを
見た目で判断して3分エントリーか?5分エントリーか?の
選択肢も操作出来るようになりました。

タイムラグの取り方の工夫はRSI2とRSI6を使い乖離幅の大きさを
見れば極端に高低に突き刺さった現象だと一気に逆方向になりますので
ストキャスの動向も早いです。その場合3分エントリーを使って居ります。

タカさんのお陰でシグナルに頼る事無く裁量でエントリーの技をご教授して
頂き、本当に感謝して居ります。

これでシグナルを卒業して裁量に精進したいと存じます。

タカさんの出会いに
心から感謝致します。

皆様からの「生の質問」と「生の回答」第7話

6月20日付け
お客様からの生の質問
ブログに「実体の強さ」「グイグイきている」という言葉が出て来ますが、そのように判断する基準にされているものがあれば教えて頂けないでしょうか?
私の生の回答
私の言う「実体の強さ」「グイグイきている」というのは、例えば行ったり来たりの動きだったのが転換点を境に「平均足の動きがあきらかに一方に力強く、しかも早い動きを始めた状態」やストキャスが伸びている途中の段階であり玉表示まで平均足が強い動きが続きそうな状態を指します。

また転換点を境でなくても仮に15分足においてヒゲを伴った一方的なトレンドが強く続いている、その際の5分足チャートを見ても凸凹の山があまり見かけられない状態で、明らかに15分の強い影響により一方的な方向に突き進んでいるといった状態になります。

尚、明確な基準と言われますと以上のような視覚的なチャートの状態を表現しただけなので正確な回答になっているかはわかりません。

以上になりますが参考にして頂ければ幸いですm(__)m

皆様からの「生の質問」と「生の回答」第6話

6月15日付け
お客様からの生の質問

質問させてください。

1分足のエントリータイミングはわかったのですが、5分足 15分足の確認が何をみればいいのかよくわかりません。
ブログは拝見させていたたいていますが、はっきりわかりません。
ストキャスが買う方向に向いていれば良いのでしょうか?横ばいでよいのでしょうか?
お忙しい所大変恐縮ですがご教示ください。

私の生の回答

ご質問の件ですが5分足 15分足の実体の動きと転換点の位置を見て下さい。

仮に5分足が凸に転換しそうでも15分足が凹に勢いよく下落していたら5分足の凸は単なる反発で終わる可能性がございます。

よって最適なのは5分と15分が同方向又は同方向に転換しそうな場合になるわけです。
一番の注意点は反発に注意とストキャスクロス横這いですが、この横這いと言うのはフライング気味に早期エントリーしてしまう方が多いです。

ですが横這いするということは、いつ転換してもおかしくない状況にあるわけで転換の兆候、平均足の色転換が勢いよく動きだしたらエントリー・・・といったように判断すると良いですね、

結局、凸凹のどちらかに狙いを定めた場合、思惑に動く好材料を多く見つけて下さい。

今述べたように各時間足が全て同方向に向いている、リズミカルなチャート、ストキャスの横這いが続いている、15分足が転換しそうなときに5分足もストキャスがクロスしそう・・・等です。

これらの材料が多くあれば思惑の方向に動く可能性は高いと思われます

そもそもバイナリーはデタラメに判断しても勝率50%の可能性がある投資になりますから加点式で「良い材料が、よりチャートに多く出現している」ものを選ぶと必然的に勝率が高くなっていくわけですね

以上ですが参考になれたら幸いです m(__)m
情報問屋メルマガ!最新情報配信します!!
*メールアドレス

記事検索
お問合せ

取引手法、サインツールのお問合せ等があれば何なりとご質問下さいませm(__)m

名前
メール
本文
QRコード
QRコード