皆様、いつも本ブログをご覧頂き有難うございますm(__)m
大好評の実況中継を本日行っていきたいと思います。

今日は私的なことで時間がとれなくパソコンに向き合う時間があまりないのですが焦らず取引出来るよう行きたいと思います(^▽^)

まず現在、各時間足チャートを見まわしてますが「勝てそうなチャートが無い」どうしましょうか(^^;
こういうときは無理はしません。

タイムラグを15分以上作り流れが変わるのを待ちます。私がいつも注意しているのはチャートをぱっと見まわしたとき「好材料がどの程度揃っているか」で決めております。

好材料が揃っているチャートを選んだときにサイン通りに勝負すると私の場合、常勝しておりまして、そのあたりの見極めのコツを本ブログにて公開しているわけです。

といっている間に、まぁまぁ勝てるかもしれないチャートを発見↓

1分足
1

5分足
2

15分足
3

上記は一見、まだタイミングが熟してません。ただし私の見通しではタイムラグを作ることで下落の転換点を狙ってなんとか勝てるチャートに変わると予想できます。

本日は他に良いのが無いのでこれに絞ろうと思います。

選んだ理由は1分足は綺麗に曲線を描き、また5分は伸びきるのを待てば良い、問題は15分なのですが実体の動きがノロい(一方的な上昇トレンドでは無い)また1分・5分足の凸凹は「過去リズミカルに山を形成して推移」今回についても「ある程度の山の形成」が期待出来ます。

注意して欲しいのは、本来15分の実体が強いと5分足も強く上位足に影響を受け反発で終わるリスクがありますから回避する考慮が必要なのですが、前述の通り下位足1分・5分の過去にリズミカルな「山」を構築して推移していた場合は、ふたたび山の構築を繰り返す展開を期待出来ます。

つまりケースバイケースで過去の凸凹を見て判断するのも大事なんですね

と言っている間にチャートが狙い撃ちできそうな状態になってきました(^▽^)

1分
4

5分
5

15分
6

上記タイミングでは1分では平均足の色転換、5分では白玉表示の好材料、15分は現状変わらずです。
もちろん一番ベストは15分が同方向に向いているのは鉄板なのですが常時鉄板が出現するわけではありません。

先述したように「凸凹形成の過去推移を見て今回も期待出来るか」等を観察、最終的に「反発しない転換点」という結論を出せるか最終チェックをします。

また、この転換点では「5分平均足が最低3つ分程度の下落」を予測しておりますが転換点の動き方が若干まだ鈍いように感じるのでタイムラグを入れる感じで3分ではなく5分判定でエントリーしたいと思います。

エントリー!
7

8

10

11

勝利しました(^▽^)/
以降のチャートです。
1分足
12

5分足
14
9

以上の結果で終了しました。

予測通りに1分足は順調に下落しました。また5分足もストキャスクロス平均足も転換が始まり出しましたね・・・

今回のエントリーしたタイミングは「1分足が白玉表示で綺麗に線を描き平均足の一つ目転換した状態」「5分足が白玉表示ストキャスクロス間近の状態」「1分・5分の過去の山の推移で今回もリズミカルに転換が期待出来る」等の理由で狙い撃ちしました。

結果的には1分と5分の転換が同時タイミングのような流れで推移、勝利決着。※15分チャートは「そのまま」変わらずの状態でしたから省きます。

本ブログでは以降の予定として「好材料の見つけ方」のようなカテゴリーも作ることを予定しております。

例えばですが「好材料が出現している状態のチャートを見つけた場合、その通貨ペアに絞りタイムラグが必要そうなら多少の時間待って頂き、本ツールのルール通りに推移したところで狙い撃ちエントリー」なんて流れが本来理想になると思います。

以上ですが今回の実況中継を終了します。
参考にして頂ければ幸いですm(__)m