お客様から実際頂戴したご質問

2017/12/21頂戴した内容
こんにちは。
1、5、15分と玉出現、1分ストキャス クロス、5分も15分のストキャス いい感じ。
1分の実体がグイッと動いた。
イケーー!っと世界の投資家について行ったら、揉み合って負ける。。。。
こんな負け方だらけなんですが事前に注視するとこはありますか?
もちろんリズミカル、V字を狙っています。

よろしくお願い致します。

私からの回答
御世話になります

鉄板狙いの転換点で負ける場合は直近の1分5分15分の斜面の観察が重要です

私もフライングのような、つまり早打ちにエントリーには注意してまして結果的に事後転換していたとして、
自身のエントリータイミングは早かった・・・負けた理由を顧みて理解し「だから負けた」と学びをつくっていきます

結局、狙いは結果的に転換したから当たったが「勝負では負けた・・・」というやつです
ですがこれは良い負け方です

なぜなら注意深く観察、経験値を積めばエントリーポイントが異なりタイミングが合っていたもしれませんから

負けるには理由があるはずです  勝ちパタンにも一貫性があります
OO様の負ける理由は私が取引タイミングを逐一近くにいて確認しないと正確なアドバイスは出来ないと思います

それが出来ない以上、OO様自身で負ける傾向を自己分析する必要があります

まずエントリータイミングが来たら勝ちパタンの確認と負けパタンの確認を行って下さい 何か気づくところがあるかもしれません
狙い撃ちエントリーでは局面が常時異なりますから、それに合わせて打っていたり回避したりと分析の臨機応変さが求められます

鉄板だからといって目測を誤ると当然精度は落ちます  だから負けが減らないのです
御指摘のように「もみ合う」なら、そのような傾向が各時間軸にあったかもしれません

負ける傾向を自身で理解すると当然自身の不得意場面ではエントリーを回避するわけで勝率が上がります

つまり勝ちパタンと負けパタンに違いを理解し、そこに注意するのです

基本鉄板パタンは私が経験値から導き出したタイミングです
恐縮ながら、これを先日始めたばかりの方が簡単に再現出来たら天才だと思いま

繰り返しますが、まずエントリーポイントでの観察力をマスター下さい

鉄板の局面探しに成功出来ていたら、あとはタイミングの取り方の見極めだけです

そこまで来ていたら、もう少しです

回答になっていなくて申し訳ありませんが参考にしていただければ幸いですm(__)m

後日お礼のメールを頂戴しました 
2017/12/23頂戴した内容

アドバイスありがとうございます。
おかげさまで勝率は80パーセントになりました。

唯一負けたのは平均足nヒゲが全体的に長い通貨ペアでした。
これは上下ピョンピョン激しくて負けてしまいました。
これさえ気をつければ問題なく勝利を積み重ねています。

僕は高橋様の手法と雲を使ってのオリジナルの手法を見つけました
ほぼ100パーセントの勝率を確保しております。
やっと見つけました。
本当に感謝です。

ありがとうございました。