お客様から実際頂戴したご質問
2018/4/25頂戴
お返事ありがとうございました。
「5分足15分足のストチヤの白線20以下80以上達成あるいは白玉赤玉最初の出現、1分足の陰線陽線転換」だけでは常勝はできない事なので、

その他にいくかのポイントが何点かあれば教えてくださいませ。

例えば銘柄の選定においてこの時間帯ならば、この銘柄が良いとか、また15分足の白玉赤玉最初の出現があればこの銘柄が良いとか、基本は経験上で感じた思ったという感想からくるアドバイス数点があればと思っていますのでよろしくお願いします。

私からの回答
お世話になります

まず銘柄は私は注目しておりません 私は多くの通貨ペアを観察していき勝てそうな局面を選びます
また勝負時間は値動きがそれなりにある、俗にいうボラがあったほうが良いですね
ボラがないとバイナリーには向いてません。

注意するのは経済指標の直近直後の相場の動きです  経済指標の局面は回避下さい 負けますから・・・

仮に強いトレンドが発生していた場合、全ての時間軸のサブインジが玉連発しており、つまり
このような一方的相場では逆張りでは負けます  逆に順張りなら勝てる可能性は高まります
順張り理由は一方に全ての時間軸で同方向に強い動きが確認できれば一時的な一分反転局面を狙い強い方向にエントリーを仕掛ければ思惑どおり推移しやすいです

また逆張りが有効なのは上昇下降にリズミカル性が見られるときで
よって経済指標時は回避して、且つ多くの通貨ペアを観察、リズミカル性の高い相場がなければスルーする癖をつけて下さい

それと5分チャートを初めに見ていきまして1分と15分を続けてみて下さい
それを多くの通貨ペアで行い、勝てそうな局面を探すわけです

逆張りで勝てそうな局面とは先に言いましたがリズミカル性がある
またサブインジが、出きれば無い状態から一つ目が表示されそう・・・これはストキャスが20or80の位置に近づけば
サブインジの玉一つ目も表示される可能性が大になります

私はこのサブインジ一つ目が例えば5分や15分に出ると予測できる局面で待ちを作り狙い撃ちしております
 ストキャスが20or80タッチだけでも転換しますから臨機応変に・・・

理由としては上位足が下位足に影響を与えるからです
その影響が反映される初動の強い動きに便乗してエントリーするから予測通り推移するのです

また途中まで思惑通りだけど最後にまくられて負ける・・・

これは上位足の動きを忖度していないからです
繰り返しますが1分でエントリータイミングをとる場合、5分と15分のストキャスの位置は重要です

例えば15分でストキャス80位置で、いつ下降するかわからない状態の時、一分で上昇転換しそうだからといって
ハイエントリーすると15分の下降傾向につかまり、最後にまくられてしまったりします

このケースの場合、1分転換点は15分転換点に影響を受けて反転したことになります
ですが15分も始めに見ていたらどうでしょう・・・

おそらく15分の転換初動の動きを1分で捉え勝っていたでしょう・・・

そのように相場を読んでいくわけです

繰り返しますが相場は投資家の意志なので便乗する場合、各時間足の関係性を鑑みて実体の強く動く特に上位足の初動転換の動きに乗ってください

それらのサインはサブインジの玉一つ目に隠されており、その局面は多くの通貨ペアを探して回ればそろそろ玉一つ目が出そうという局面に出会えます

そうしてハンターのように狙い撃つ準備をしておいて平均足上部の大玉◇のサイン表示も参考に打つわけです
大玉表示についてですが最安値や最高値に表示されます、また平均足の形状を観察後に狙いを定めます

大きく動く前というのは小さい平均足形状から、いきなりグイグイ動く場合が見られます

特に上位足転換点の1分の転換間際の場合はそうです
また1分転換点は狙わないほうが無難です

理由は一分転換点ですと上昇下降のスパンが短く、且つ反転・反発・ダマシの回避策が難しいためです
よって5分転換点を一分でタイミングを計るわけです

5分転換点なら実体の推移がそこそこ長く続き、且つ一分の反転に影響されないことが期待できます
ここで注意点ですが、5分の転換点も15分のストキャス位置に影響さされます

つまり15分ストキャス20or80位置にあるとき、やはり5分転換点も上位足に影響されるわけで
5分転換点を狙う場合、5分と15分と同方向に転換しそうか・・・・又は15分ストキャスの位置が中途半端を狙って下さい。

15分ストキャスが中途半端ですと5分転換点が優先され素直に動いたりします

いずれ5分転換点が上位足に影響されない局面、あるいは同方向に向いている状態で5分と15分が同時転換推移することが期待できる局面は狙い目ですね

繰り返しますが、バイナリーで勝つためには反転・反発・ダマシに合わない局面を事前選定が常勝のカギです
この要領さえ掴むと、ほぼ負けない取引が期待できます

一見、難しく聞こえますがスマホゲームと、ほぼ同じ感覚でマスター出来ます

大事なのは上位足と下位足の関係性を理解、目押し間隔で実体が強く動く転換の初動の動きを捉えることです

もちろん、その際に上位足の位置を忖度し上位足の影響を受けない局面をピンポイントで選ぶわけです
それさえ出きれば仮にエントリーと逆方向に推移していて負けそうなケースでも最後に上位足の影響で
良い意味で引っ張られ、最後にまくって勝てたりします

私は何度も上位足の最後のまくりに救われてます
つまり、各時間軸を忖度するのが大事なんですね

もちろん実体の動きと平均足直近の形状も鑑みて、全ての好材料が揃ったときに打つわけです
ここまでやると精度が上がり勝てる様になります

それと負けた場合、負けた理由を逐一考えてください
負けるには負ける理由があり勝には勝つ理由があります

その反省を繰り返すと仮に負けても理由がわかるわけですから次に繋がります
そうすると段々危険な取り引き局面が見え始め、勝てる局面しか勝負しないようになります

そこまでいくと常勝できるようになります

また負けた時、以降どうなったかも確認下さい

負けた後に、結果転換していたなら良い負け方です
良い負け方をするということは打つタイミングだけ調整すると勝てる様になります

駄目なのは「かすり」もしないことですね

そういう場合は根本的に間違っていると思って下さい

以上ですがブログの内容と動画もしっかり確認下さい
動画では特に今説明したことを反映した上で実況解説しております

以上参考にしてくださいm(__)m