逆張りゾーンの使い方!?
逆張りゾーンのご理解を深めて頂けるように今一度解説したいと思います。

⭐下記局面は本日の60秒取引のチャートです。
↓↓↓
107

上記Aは下降推移からの逆張りゾーン(※下降推移時はピンク)になります。局面的にはBの「当たり表示付近の黄線」から反転してますが、このパタンのように「下降推移から反転上昇し、ふたたび下降推移する戻りが逆張りゾーン内が節目となる確率が高い」というロジックなのです。

さらに本局面ではゾーン内でRSIが反転サインである過熱色が変化してますが、仮に異なるサインで反転表示が重なっている場合、ここで反転する可能性が高くエントリーの狙い目になるわけです

このフィボゾーンはフィボナッチ数列の動きの癖のようなもので、世界の投資家はこのゾーンを計算しながら意識して取り引きしておりまして、これを「見える化したのが本ツール」なのです。
 
尚、FXとバイナリーオプションのどちらに役立つか!?というご質問が来ておりますが、どちらでも役立ちます。

先述した通りゾーン内で他サインも重なるポイントは「より反転根拠が強くなる」わけで、つまり逆行しにくいポイント、万能ポイントとも言えるわけです

以上ですが、取引中に同様の局面が散見されましたら注目してみてくださいねm(__)m